当ドローンスクールで学ぶ初心者さんの声を聞きました。もしかしたらあなたと同じ気持ちや考えかもしれません。みんな、飛ばすのが初めての方ばかりです。後半は、マイクロドローンを飛ばしてもらいました。これから練習を重ね、プロパイロットになって、動画撮影や点検、測量など、仕事でどんどん大活躍してほしいですね。

ドローンの操縦で不安なことは?

中村一徳:(以下イットク)みなさん、うちのドローンスクールに来て飛ばしたのが初めてだったんですよね。飛ばす前は、マルチコプター(ドローン)について、どんなイメージがありましたか? 難しいとか簡単とか。実際、何を期待していたんでしょうか。何をきっかけにやろうかなと?

生徒A:もともと興味なかったんですけど、うちの嫁の知り合いからイットクさんを紹介してもらって。「近くだから行ってみれば。将来の仕事にもなるかもしれないから」と。とりあえず、趣味からスタートして、ゆくゆくは仕事にしたいなと。

生徒B:不安なことは、まったく触ったことがなかったし飛ばしている人も周りにいなかったので、「自分にもできるのかな」「落としてしまったらどうしよう」ということがありました。でも、イットクさんに教えてもらいながら「Mavic Mini」を飛ばしたら、「面白い!」と思いました。

生徒C:自分も、やる前は何も知りませんでした。正直、「あんなん飛ばして何が楽しいのかな」と思っていました(笑)。ところが実際にやってみると、「あっ、楽しいな」と思って。どんどんハマっていきました。

初めて飛ばしてみた感想は?

イットク:やってみてどうでしたか? 私がいくらか教えて知識が入ったあと、実際に飛ばしてみて。

生徒D:知識がなかったときとはまた違った楽しさがありました。

生徒A:思った以上に機体が安定していましたね。もっと不安定なのかなと思っていたので。

生徒C:機体の性能がすごいいいなと思って。安定していますし。安い機体であればあるほど、練習に向いてるじゃないですか。そういうところも一歩が踏み出しやすくて。面白いなと。

生徒E:自分の操縦は、カコンカコンとしていました(笑)

イットク:いかに滑らかに操縦できるかが大事です。そのためには、2スティックをスムーズに4つの方向に動かします。慣れてくればできます。そう操縦すれば、キレイに飛ばせます。どんどん練習すれば不安は消えていくはずです。

生徒B:GPS機能がついているから、安心して飛ばせます。今は楽しく飛ばせています。でも、GPSなしで飛ばせたらもっと楽しくなるんだろなと思います。

これからドローンで何がしたいか?

イットク:将来ドローンを使ってどういうことをしたいですか?

生徒E:好きなアーティストさんの、ミュージックビデオを撮りたいです。

イットク:ああ、今ミュージックビデオにもドローンはたくさん使われてるんですよね! 私にも、断りましたが、ある依頼が来ました。氷川きよしさんなんですけどね。海の真ん中の岩の上、そこに立って歌っている周りを飛ばしてくれって言われたんです。そんなことを海でやるのが嫌だったので断っちゃいましたけど(笑)。ミュージックビデオ。いいですね。

生徒A:将来的に、仕事で飛ばせればいいですね。最終的には自分の技術を活かした作品ができたら、と。

イットク:うちにも専用のソフトがありますし、作品づくりのセミナーや講習も考えています。動画を撮りに行って編集するようなことも、今後やっていきたいと考えています。

生徒B:ゆくゆくは仕事が取れるレベルにまで技術を磨きたいですね。そうすれば、自分の可能性も広がるかなと思います。今はとりあえず、頑張って技術を磨きます。

生徒E:仕事ができればいいなと思います。

イットク:本当に、うちの仕事やってください(笑)。私のもとに、いろいろなところから「仕事を任せたい」という依頼が来ています。今度、私が現場に行くとき、同行できるタイミングがあればお知らせします。簡単な現場に行けるときは一緒に行きましょう。ただ、災害現場などは行くまでがきつかったりします。また、同行できる人数が決まっていたりします。大勢では現場に行けません。もし機会があれば、どんどん現場を見ていただきます。今度、石灰を扱う現場で飛ばすときは、みんなに声をかけます。その会社の部長に話して、「見学者がいてもいいですか?」と聞いてみます。

生徒C:今はまだ、仕事の内容がビジョンとして見えません。ただ実際、自分が飛ばしている中で、映像が撮れています。映像を撮ったり編集するのが面白い。そういうのもやっていけたらなと思っています。