――2日間、受講されてどうでしたか?

率直に楽しかったです。初めて飛行を体験できましたので、思った以上に楽しかったです。自分の機体も購入しました。今後、それで練習して、上達できたらなと思っています。

――難しかったところはありましたか?

実際に飛ばす前にシュミレーターで練習しましたので、基本的には練習したとおりでした。

ただ、最後に自由時間をいただいてフリーで飛ばしていて、調子に乗りすぎまして……。直進、前後左右、上下しか練習してなかったんですが、ターンをしようとしたら、林に突っ込みましたね(笑)。練習もしていないのにやったので、まったくできませんでした。

機体が離れると、距離感がわからなくなることも実感しました。機体の前後左右もわからなくなりました。それが難しいと思いました。

基本的には(ドローンは)外で飛ばすものなので、経験が足りないのをより実感しました。ほんの少しだけ風が吹いていたんですけど、風が吹いていると流されるんだなと改めて感じました。今日使った機体に関しては、GPSが入っているので、風が吹いていてもある一定の高さや距離を保ってくれます。しかし、もしGPSがない機体だと、本当に難しいんだろうなと実感しました。

――それは今後の課題ですね

そうですね。やってないことでしたので。今後、練習しつつ、上達していきたいです。

――最初、実機を浮かせた瞬間はどんな気持ちでしたか?

感動っていうんですかね。嬉しかったです。「あっ、飛ぶんだ」っていうのが正直な気持ちですね。

――中村一徳さん(講師)の教え方はどうでしたか?

非常に分かりやすくて、丁寧に教えていただきました。非常にありがたい指導でしたね。

――最後、今後はどんなパイロットになっていきたいですか?

今、初級が終わりましたので、中級を受け、できれば上級まで行きたいと思っています。それに向けて、日々、練習をしながら、一徳さんに指導していただき、プロパイロットとしてやっていきたいです。

プロパイロットとしては、災害現場だったり、そういうところからのオファーもいただけるような、人の役に立つ、人に貢献できるようなパイロットになりたいです。